キャッシング可能な限度額を比較する

カードローンのキャッシングサービスは、あらかじめ限度額、金利が設定されて、その範囲で借り入れができる点に特徴があります。そして、この上限は、各社とも異なった数字を示しています。この数字は、公式ホームページや広告に示されているため、容易に比べることができます。できるだけ多くのお金を借りたい場合は、上限を高く設定しているところを選ぶと良いです。
ただし、それとは別に、法律による規制があるため、その数字を単純に比較することに意味はありません。消費者金融の場合は、総量規制の対象となっているため、借り入れをすることができる額は、年収の3分の1がマックスです。そのため、たとえ広告等に記載されている数字が高くても、自分の年収の3分の1を超えていては意味がありません。この数字を比べる意味があるのは、その上限の3倍以上の収入がある人のみです。
この規制は、消費者金融業者にのみ適用されるので、銀行の提供するカードローンには当てはまりません。そのため、こちらの場合は、上限が高いほうを選ぶというのも悪い方法ではありません。ただし、こちらの場合は、具体的にいくら融資を受けることができるかについては個別の審査が行われますが、実際に借りることのできる額は収入状況に応じた額に収められるため、分不相応な枠は設定してもらうことはできません。そのため、上限が高いところを選ぶの方法は、やはりある程度の収入がある人以外は意味がありません。